エステティシャンを目指す方法|スクールで専門知識を学ぶ

女の人

理想のまつげをつくる仕事

まつ毛

日本女性はまつげが短く薄いという不満を持った人が多く、そのためまつげエクステの人気が高いです。そこで施術を行うアイリストの需要も高まり目指す人も多いのです。ただしアイリストには美容師の国家資格が必要なため注意しましょう。美容師の資格を得た後養成スクールで学ぶのが一般的で、養成スクールは短期間で集中的に学べるのでお勧めです。

Read More

ネイリストに必要なこと

ネイル

ネイリストになるために必ず保有しなければならない資格は存在しませんが、資格を保有しておくと様々なメリットがあることは間違いないです。独学でも勉強は可能ですが、基本的には専門学校などを用いて勉強します。自分に適したところを選ぶことが大切です。また、ネイルで扱う薬品などには十分気を遣うようにしましょう。

Read More

美容知識と技術を学ぶ

エステ

講師の質で選ぶこと

エステティシャンとして、美容業界で働く場合はスクールに通って実践的な学習を行うと良いと言われています。エステにも色々なジャンルがあるように、スクールで学べることもそのスクールによって違ってきますが講師の質もまた違ってきます。スクールには、それぞれの分野で活躍しているプロのエステティシャンを講師として揃えていることが多く幅広いキャリアを積んだ講師であれば内容が濃く充実した授業を行います。優れた指導者であれば、学ぶことも多くスクール卒業後にどういったエステティシャンになりたいのか具体的なイメージもつかめるようになります。そのため、講師の質を重視しながらスクールを選ぶと充実した学校生活を送ることが可能です。

目標を意識して決めること

スクール選びは、全国各地に様々なスクールがあるので簡単なことではありませんが目標を意識して決めると良いでしょう。卒業した後にどんな風に活躍したいのか、サロンに就職して働きたいのか自分がオーナーになって働きたいのかによっても違ってきます。オーナーになることを考えているのであれば、講師に経営者が多いスクールであれば実用的な意見やアドバイスを得ることも可能です。国内だけでなく、国外でも活躍することを視野に入れているのであればグローバルな活動をしている講師が指導するスクールを選ぶと良いでしょう。自分の目的によっても、選ぶ学校は違ってくるので自分がどういったエステティシャンになりたいのかを明確にする必要があります。

流行に左右される

レディ

目まぐるしく変化するファッションは、1年単位、あるいは数ヶ月で流行りが入れ替わり、古くさいスタイルに繋がってしまう場合もあります。専門学校ではデザインや販売に役立つ知識や技術を、基礎から指導するだけではなく、トレンドまで情報として提案してくれます。

Read More